Optifine / 5zig の導入ガイド
最終更新 2021-09-18 10:02:08

Risketに参加するためにはOptifineと呼ばれる軽量化Modを導入する必要があります。

このガイドでは、必須ModであるOptifineの導入方法および必須ではないものの導入することでよりプレイを楽しむことが出来る5zig Rebordの導入方法について説明します。

Optifineのダウンロード

Risketのバージョンは1.16.5なので、これに対応するOptifineをダウンロードします。

  1. Optifineの公式サイト(https://optifine.net/downloads)を開きます。
  2. [Show all versions]を押して、1.16.5の[Mirror]を選んでダウンロードします。
  3. [Download]を押して「Optifine_1.16.5_HD_U_G8.jar」のようなファイルがダウンロードされれば完了です。

Javaのインストール -Optifineを単体で導入する場合-

Optifineのインストールには、.jarファイルを実行するためのJavaをインストールする必要があります。既に自分でJavaをインストールしている場合はスキップして下さい。

  1. Javaの配布元を開く。
  2. 各種規約に同意した上で、[同意して無料ダウンロードを開始]を押す。
  3. ダウンロードしたファイルを開き、インストールを開始します。
  4. 問題なく完了すればOKです。

Optifineを開く -Optifineを単体で導入する場合-

  1. 先ほどダウンロードしたOptifine(Optifine_1.16.5_HD_U_G8.jarのようなファイル名)を開きます。
  2. Installをクリックします。未だMinecraft 1.16.5を起動したことが無い場合に、以下のようなErrorが表示されます。この場合は普通のMinecraftを開いて、起動構成から1.16.5のMinecraftを起動した上でもう一度Optifineのダウンロードを試みて下さい。(画像は1.16.4と表示されていますが本来は1.16.5です。)
  3. 以下のように表示されればOKです。
  4. Minecraft Launcherを起動するとOptifineのプロファイルが追加されています。このプロファイルを選んで"プレイ"を押すとOptifineが導入されたMinecraftが立ち上がります。これで完了です!

うまくいかない場合

Optifineを開いて以下のように表示された場合は、その他のアプリからC:\Program Files(x86)\Java\jre<バージョン名>\bin\java.exeを選んで下さい。


また、設定が悪い可能性もあります。
[ESC] → 設定ビデオ設定品質の設定カスタムアイテム / カスタムGUI を ONにすると、表示される可能性があります。

Fabricで導入する場合

FabricはMinecraft 1.14以降で登場したMod Loaderです。Minecraft Forgeと同じような働きをしますが、Forgeとの互換性はありません。 Fabricを使用する場合、OptifineはFabricに対応していない為通常の方法では動作させることが出来ません。今回はFabricでOptifineを動作させるOptiFabricというModを併用してOptifineを動作させます。

はじめに、Fabricを導入します。Fabric公式サイトからFabric Installerをダウンロードします。Universal/.JARが無難ですが、Windowsを利用している場合はWindows/.EXEの方を選んでダウンロードしてもかまいません。 Fabric InstallerがダウンロードできたらクリックもしくはダブルリックしてFabric Installerを起動します。

Fabric Installerを起動するとこのような画面が表示されます。基本的になにも触らずに"インストール"を押せば大丈夫です。

"インストール"を押してしばらく待つと完了ダイアログが表示されます。 ダイアログにも書いてありますが、Fabric APIが必要になるのでダウンロードします。

Fabric APIのダウンロードページにアクセスし、Fabric APIをダウンロードします。赤丸で囲ったDownloadボタンを押して5秒待つとダウンロードが開始されます。

Fabric APIがダウンロード出来たら、Fabric用のフォルダを作成します。Minecraft Launcherを起動し、起動構成->fabric-loader-1.16.5のフォルダアイコン(画像赤丸)をクリックします。するとエクスプローラが開きMinecraftのフォルダ(AppData/Roaming/.minecraft)が表示されるので、新しいフォルダを作成します。名前はここでは"fabric"とします。 フォルダが作成出来たら、fabricフォルダの中に"mods"フォルダを作成します。作成出来たらこのフォルダに先程ダウンロードしたFabric APIをコピーします。

Minecraft Launcherに戻り、赤丸で囲ったアイコンをクリックします。すると編集/複製/削除の選択肢が表示されるので"編集"を選択します。

編集を選択すると起動構成の編集画面が開きます。ここのゲームディレクトリを先程作成したfabricフォルダのパスに書き換えます。書き換えることが出来たら保存をクリックして構成を保存します。

ここまではFabricのインストールを行いましたが、ようやくOptifine/OptiFabricのインストールに入ります。Optifineは先の手順でダウンロードしているので、OptiFabricをダウンロードします。

OptiFabricのダウンロードページにアクセスし、赤丸で囲った"Download"をクリックします。Fabric APIの時と同じく5秒ほど待つとダウンロードが開始されます。 ダウンロードが完了したら先程の手順で作成したmodsフォルダにダウンロードしたoptifabric-1.9.2.jar(ガイド作製当時の名前)とOptifineのjarファイルをコピーします。

この時点でmodsフォルダにはこの3つのファイルが入っていると思います。ここまで来ればあとはMinecraft Launcherからfabric-loaderのプロファイルを選んで起動すればOptifineの導入されたFabricが起動します。

5zig Rebornを導入する (要Fabric)

5zig Rebornを導入するにはFabricが必要です。Optifineを単体で導入した場合、又はForgeを使って導入した場合は5zig Rebornを導入することはできません。

まず5zig Rebornの開発ビルドをダウンロードします。5zig Rebornの1.16ブランチから5zig-Reborn-1.16.1-b251.jarをダウンロードします。名前は1.16.1ですが1.16.5でも動作します。 ダウンロードしたjarをFabricのmodsフォルダにコピーします。コピー出来たらMinecraft Launcherからfabric-loaderのプロファイルを選んで起動して5zig Rebornの導入は完了です。

Optifine / 5zig の導入ガイド

  最終更新 2021-09-18 10:02:08

Risketに参加するためにはOptifineと呼ばれる軽量化Modを導入する必要があります。

このガイドでは、必須ModであるOptifineの導入方法および必須ではないものの導入することでよりプレイを楽しむことが出来る5zig Rebordの導入方法について説明します。

Optifineのダウンロード

Risketのバージョンは1.16.5なので、これに対応するOptifineをダウンロードします。

  1. Optifineの公式サイト(https://optifine.net/downloads)を開きます。
  2. [Show all versions]を押して、1.16.5の[Mirror]を選んでダウンロードします。
  3. [Download]を押して「Optifine_1.16.5_HD_U_G8.jar」のようなファイルがダウンロードされれば完了です。

Javaのインストール -Optifineを単体で導入する場合-

Optifineのインストールには、.jarファイルを実行するためのJavaをインストールする必要があります。既に自分でJavaをインストールしている場合はスキップして下さい。

  1. Javaの配布元を開く。
  2. 各種規約に同意した上で、[同意して無料ダウンロードを開始]を押す。
  3. ダウンロードしたファイルを開き、インストールを開始します。
  4. 問題なく完了すればOKです。

Optifineを開く -Optifineを単体で導入する場合-

  1. 先ほどダウンロードしたOptifine(Optifine_1.16.5_HD_U_G8.jarのようなファイル名)を開きます。
  2. Installをクリックします。未だMinecraft 1.16.5を起動したことが無い場合に、以下のようなErrorが表示されます。この場合は普通のMinecraftを開いて、起動構成から1.16.5のMinecraftを起動した上でもう一度Optifineのダウンロードを試みて下さい。(画像は1.16.4と表示されていますが本来は1.16.5です。)
  3. 以下のように表示されればOKです。
  4. Minecraft Launcherを起動するとOptifineのプロファイルが追加されています。このプロファイルを選んで"プレイ"を押すとOptifineが導入されたMinecraftが立ち上がります。これで完了です!

うまくいかない場合

Optifineを開いて以下のように表示された場合は、その他のアプリからC:\Program Files(x86)\Java\jre<バージョン名>\bin\java.exeを選んで下さい。


また、設定が悪い可能性もあります。
[ESC] → 設定ビデオ設定品質の設定カスタムアイテム / カスタムGUI を ONにすると、表示される可能性があります。

Fabricで導入する場合

FabricはMinecraft 1.14以降で登場したMod Loaderです。Minecraft Forgeと同じような働きをしますが、Forgeとの互換性はありません。 Fabricを使用する場合、OptifineはFabricに対応していない為通常の方法では動作させることが出来ません。今回はFabricでOptifineを動作させるOptiFabricというModを併用してOptifineを動作させます。

はじめに、Fabricを導入します。Fabric公式サイトからFabric Installerをダウンロードします。Universal/.JARが無難ですが、Windowsを利用している場合はWindows/.EXEの方を選んでダウンロードしてもかまいません。 Fabric InstallerがダウンロードできたらクリックもしくはダブルリックしてFabric Installerを起動します。

Fabric Installerを起動するとこのような画面が表示されます。基本的になにも触らずに"インストール"を押せば大丈夫です。

"インストール"を押してしばらく待つと完了ダイアログが表示されます。 ダイアログにも書いてありますが、Fabric APIが必要になるのでダウンロードします。

Fabric APIのダウンロードページにアクセスし、Fabric APIをダウンロードします。赤丸で囲ったDownloadボタンを押して5秒待つとダウンロードが開始されます。

Fabric APIがダウンロード出来たら、Fabric用のフォルダを作成します。Minecraft Launcherを起動し、起動構成->fabric-loader-1.16.5のフォルダアイコン(画像赤丸)をクリックします。するとエクスプローラが開きMinecraftのフォルダ(AppData/Roaming/.minecraft)が表示されるので、新しいフォルダを作成します。名前はここでは"fabric"とします。 フォルダが作成出来たら、fabricフォルダの中に"mods"フォルダを作成します。作成出来たらこのフォルダに先程ダウンロードしたFabric APIをコピーします。

Minecraft Launcherに戻り、赤丸で囲ったアイコンをクリックします。すると編集/複製/削除の選択肢が表示されるので"編集"を選択します。

編集を選択すると起動構成の編集画面が開きます。ここのゲームディレクトリを先程作成したfabricフォルダのパスに書き換えます。書き換えることが出来たら保存をクリックして構成を保存します。

ここまではFabricのインストールを行いましたが、ようやくOptifine/OptiFabricのインストールに入ります。Optifineは先の手順でダウンロードしているので、OptiFabricをダウンロードします。

OptiFabricのダウンロードページにアクセスし、赤丸で囲った"Download"をクリックします。Fabric APIの時と同じく5秒ほど待つとダウンロードが開始されます。 ダウンロードが完了したら先程の手順で作成したmodsフォルダにダウンロードしたoptifabric-1.9.2.jar(ガイド作製当時の名前)とOptifineのjarファイルをコピーします。

この時点でmodsフォルダにはこの3つのファイルが入っていると思います。ここまで来ればあとはMinecraft Launcherからfabric-loaderのプロファイルを選んで起動すればOptifineの導入されたFabricが起動します。

5zig Rebornを導入する (要Fabric)

5zig Rebornを導入するにはFabricが必要です。Optifineを単体で導入した場合、又はForgeを使って導入した場合は5zig Rebornを導入することはできません。

まず5zig Rebornの開発ビルドをダウンロードします。5zig Rebornの1.16ブランチから5zig-Reborn-1.16.1-b251.jarをダウンロードします。名前は1.16.1ですが1.16.5でも動作します。 ダウンロードしたjarをFabricのmodsフォルダにコピーします。コピー出来たらMinecraft Launcherからfabric-loaderのプロファイルを選んで起動して5zig Rebornの導入は完了です。


投稿者: sakarush / 更新者: sakarush